【声明】朝日新聞社広告掲載拒否事件に関するその後の経過

 日本出版者協議会は、加盟社でもあるインパクト出版会の新刊『鎮魂歌』(堀慶末著)が、朝日新聞の広告掲載を拒否された件に対して、6月5日、「朝日新聞広告部による新刊広告掲載拒否に抗議する」と題した声明を発表しました。

 この声明に対して、朝日新聞社東京本社メディアビジネス局、および広告審査部において、「掲載見送りに至った判断、経緯を調べ、改めて関係者で協議」した結果、広告掲載拒否という判断は不適切であったと認め、「掲載すべきものであった」との結論に達した旨連絡がありました。6月7日には朝日新聞メディアビジネス第一部長ほか2名がインパクト出版会にも訪問し、同社代表に報告と謝罪がなされました。また同日、出版協(水野久会長)にも直接、同様の報告がなされ、12日には文書で「経緯ご報告とお詫び」がメディアビジネス局局長名で届けられました。

 担当者によって、広告の掲載ができないという判断がなされた場合、その妥当性を相互にチェックする仕組みがあるのに、今回それが充分機能しなかった、という説明で、当初の判断の理由や、一冊の本自体の広告掲載を拒否することの重大性などに踏み込んだ内容とはいえませんが、当該社の了承も得たということで、一応の決着が得られたものと判断するところです。

 私たちは、今後も、言論機関による不当な検閲行為や自主規制の動きには注意と警戒を怠らず、実際にそうした動きがあった場合には強く抗議の声を上げるものであることを、あらためて表明するものです。

  2019年6月19日

一般社団法人 日本出版者協議会

会長 水野 久

東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B

Tel 03-6279-7103 / Fax 03-6279-7104

712回の閲覧

最新記事

すべて表示

第204回国会提出「著作権法の一部を改正する法律案」に対する見解

今国会に「著作権法の一部を改正する法律案」(改正案)が提出されている。 日本出版者協議会は、文化庁の文化審議会著作権分科会が公表した「図書館関係の権利制限規定の見直し(デジタル・ネットワーク対応)に関する中間まとめ」に対する意見(2020年12月21日提出)で述べたように、改正は著作権者とその著作物を世の中に送り出す役割を担っている出版社の経済的利益に大きな影響を及ぼすものであるので、改正の必要性

政府による日本学術会議新会員候補の任命拒否に抗議する

このほど、菅義偉首相は、日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を拒否した。この6人に共通していることは、安保法制や共謀罪など政府の施策に批判的な言動をこれまでとってきたことである。そのため、これが任命拒否の本当の理由ではないかとみられている。 日本学術会議は、10月2日、この任命拒否について、内閣に対して①推薦した会員候補者が任命されない理由の説明、②2020年8月31日付で推薦した会員候補者

消費税総額表示義務の特例の「無期限延長」、「外税表示」許容の恒久化を強く要望する

2003年の消費税法改正によって、2004年4月より、事業者が消費者に取引価格表示する場合に消費税額を含めた価格を表示することを義務づけるいわゆる「総額表示制度」が実施された。 私たち(旧出版流通対策協議会)はかねてから「定価 ●●●●円+税」などのいわゆる「外税表示」の合理性を主張し、「総額表示制度」に反対してきた。その後、2013年施行の消費税転嫁対策特別措置法による特例として、2013年10