書店・取次30法人に聞いた「書店向けWeb商談会」の使い方(ほんのひとこと)

最終更新: 4月1日



 「オンライン商談会やるってどうだろう?」と、インプレスの湯浅創さん(当時はTAC出版)が2020年4月1日にSNS上で発言してから、早いもので一年が経つ。コロナで書店訪問が難しくなった中での発言だった。この一言をきっかけに、私を実行委員長として有志の版元で立ち上げた「書店向けWeb商談会」は、今年の4月5日から3回目の開催を迎える。これまでの開催を通じて、忙しい書店員さんが自主的に版元との商談予約を入れるには「上長の理解や指示が必要」との声を聞いていた。そのため今回は、事前に書店・取次店への説明会を行うことにした。


 以前から一版元の代表として、全国の書店を行脚したいという想いはあったが、日々の社長業や、自社の営業担当者への遠慮もあり、果たせなかった。しかし今回は、実行委員長という立場もあり、堂々と各書店法人へ説明会を行なえる。そこで実行委員のみなさんに「何度でも書店さんへご説明差し上げますので、うまく私を利用してください」と伝えたところ、今年の2月から3月にかけて毎日のように説明会の予定が入り、書店・取次店合わせて実に30法人へ「説明会マラソン」を行うこととなった。委員のみなさんが各自のコネをフルに活用された結果であり、当社だけではここまでできない。また、福井の書店さんとお会いした直後に徳島の書店さんとお会いするという日があったが、オンラインでなければ決してできない。まさかこんなバーチャルな形で、全国行脚することになるとは思わなかったが、非常に楽しく、勉強させて頂いている。


 さて実際に説明会を実施してみると、各法人、反応は千差万別。地域も違えば規模も違う。経営方針や業績も違う。パソコンなどインフラの整備状況も異なる。したがって一概には言えないが、いくつか見えてきたこともある。

 まず、そもそも商談会の存在を知らない、または聞いたことがあっても内容を全く知らない、という方がほとんどだった。説明会を行った意義はそれだけで十分にあった。これまで業界紙で多々取り上げられてきたが、それでも浸透するには足りず、こうして個別にお話をしていく必要があることを思い知った(「話を聞かせてよ」という書店さんは、遠慮なくお声がけください)。


 次に商談会への期待度は、東京に近い書店ほど低く、地方の書店ほど高い。ある関東の書店では、コロナで地方出張できない版元営業が以前よりも頻繁に訪れるようになったという。そのため商談会の必要性を感じないどころか「(営業の人は)やることがないからといって、時間つぶしにこないでください(笑)」。一方、北陸の書店では「書店員も新人からベテランまでいるが、段階に応じ相談相手が見つかるのが素晴らしい。リアルでは絶対にできない。年中やってほしい」とのありがたい声。われわれ版元営業の存在意義の一つに「店舗に応じた棚提案をする」ということがあるが、営業の人数が少なければ全国にはなかなか足を運べない。こうした地域ごとの情報格差を埋めることこそ、Web商談の役割である。


 そして地域に関わらず評判がよいのが「合同フェア注文書」だ。元はといえば書店さんから「一社だけではなく、いろんな版元のおススメ書籍をまとめて注文できる注文書が欲しい」との声から生まれたもので、このアイデア自体は目新しいものではない。しかしこれまでは版元のどこか一社が各社から書誌情報を集め、紙のチラシにレイアウトし、FAXなどで受けた注文を版元各社に振り分けるという地味に手間のかかるものであった。これを全てWeb上で行うというのが新しい。例えば今回「おとなもこどももSDGsフェア」というテーマで数十社からのおススメ書籍を合同注文書として提案するのだが、まず各社の書誌データは入稿後、Web上で自動的に配置されるためレイアウトの手間がいらない。書店からの注文もWeb上で行い、各版元へ自動的に注文が飛ぶ(これらは株式会社カランタの提供する「一冊!取引所」の機能を活用している)。紙でやるにはどこか一社のボランティアがないと成り立たない仕組みが、Web上で自動化されることによってこれが不要となり、ちょっとしたフェアのアイデアも簡単に実現できるようになった。こうした書店・版元が共同で知恵を出し合って解決していく過程も含め、書店さんからは「まるで出版知恵袋」(神奈川)、「神がかっている」(徳島)といったお声をいただいている。この「合同フェア注文書」は商談を経ずとも利用できる点も、利用者のすそ野を広げることになりそうだ。


 紙幅の都合上紹介しきれないが、このほか「書店チェーン別・版元合同説明会」や、「本屋大賞発表の夜にみんなでワイワイガヤガヤする会」など、化学反応の産物が日々生まれている。出版営業のDXは止まらない。本商談会への書店さんの参加は無料です。学びや仕入につながるイベントも盛りだくさんで楽しいですよ。ぜひ「web-shodankai」で検索してHPをのぞいてみてください。


「書店向けWeb商談会」公式HP:

https://dms838.wixsite.com/web-shodankai


関連記事:

書店さん、オンラインで商談してみませんか?(ほんのひとこと2020年6月1日)

https://www.shuppankyo.or.jp/post/honnohitokoto20200527



出版協理事 三芳寛要(パイインターナショナル



27回の閲覧

最新記事

すべて表示

著作権法改正は民業を圧迫するか?(ほんのひとこと)

消費税総額表示問題、物流運賃負担金問題、取次配本中4日問題など、直近数カ月だけでもさまざまなトピックスがありますが、さて、著作権法改正問題です。 すでに色々な媒体で書かれているので長々と繰り返しません。今回の法改正の要点は以下の2つ。①これまで国会図書館内か、認可された図書館内でしか見られなかったデジタル化資料を各家庭の端末にまで配信可能にするというもの。デジタル化の対象になるのは、市場での入手が

総額表示は「一覧表で」(ほんのひとこと)

書籍については、消費税外税表示こそが合理的であることは、消費税導入以来の経緯を振り返れば明らかだ。 1989年の3%消費税導入時、表示について法的には定めがなかったにもかかわらず、公正取引委員会は総額表示をするよう強い指導を行った。出版各社はカバー等の印刷し直しや、既刊本のシール貼りに追われるなど多大な負担を強いられた。その負担に耐えきれず、絶版となった書籍は2万タイトル以上とされている。 出版協

新年に向けて(ほんのひとこと)

世の中のタガが外れてしまった。 そんな一年であったように思う。もう数年前からおかしくなっていたのが、ここへきて歯止めがなくなってしまったかのようだ。 ヨーロッパでは普仏戦争(1870~1871年)から40年以上大規模な長期戦がなかった。ヨーロッパ以外では6年後の露土戦争から絶えることなく戦乱は続いていたが。この間「過去の戦争の記憶は薄れ、戦争への危機感も遠のいた。市民層の青年のあいだには、ロマンチ

一般社団法人 日本出版者協議会

旧:出版流通対策協議会(流対協)

〒113-0033 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B

TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104

www.shuppankyo.or.jp

e-mail:s h u p p a n k y o @ n e o . n i f t y . j p 

電話:水曜日 10:00~16:30 FAX・メール:随時対応します)

© 2018 一般社団法人 日本出版者協議会