ICTを活用した資料へのアクセス環境整備に関する要望書

※国立国会図書館に、5月29日付で要望書を提出しましたことをご報告いたします。


2020年5月29日

国立国会図書館長

吉永元信 殿

                          一般社団法人日本出版者協議会

                       東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B

                        TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104

                      (賛同団体)図書館休館対策プロジェクト

                      (賛同団体)特定非営利活動法人HON.jp

 平素より、資料収集と提供にご尽力されていることに、敬意を表します。

 現在、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、貴館を含む多くの図書館が利用困難な状況にあります。

 利用停止につきましては、図書館職員様・利用者の皆様の安全のためには、止むを得ない措置であることと認識しております。

 しかし同時に、学生・研究者をはじめとした利用者が、長期的に資料にアクセスできない問題が深刻化しております。

私ども出版者・言論人・著作者もまた、出版物・著作物の正確性を担保し、活動を維持する上で、資料にアクセスできる状態を切実に求めており、早急に、そのような環境が整備される必要があると考えております。

 特に4月15日の遠隔複写受付休止以降、資料へのアクセスの困難はより大きなものとなり、環境整備の必要性はますます高まっております。

 つきましては、この新型コロナ禍の現状における、期間を限定した緊急措置として、国立国会図書館法2条、21条の図書館奉仕の精神にのっとり、ICTを活用した著作物の円滑利用のための環境を整備して頂きたく、要望申し上げる次第です。

 そのために必要とされる調査等につきまして、著作権者を擁する団体として協力して参りたいと存じます。

 また、今後は同様の事態においても、資料へのアクセス環境が損なわれることがないよう、対応策の検討・実施を進めていただきますよう、併せてお願い申し上げます。

                                       以上

195回の閲覧

最新記事

すべて表示

「『著作権法の一部を改正する法律案』の審議にあたっての要望書」を、衆議院文部科学委員会と参議院文教科学委員会に提出いたしました。

衆議院文部科学委員会委員 殿 参議院文教科学委員会委員 殿 「著作権法の一部を改正する法律案」の審議にあたっての要望 2021年5月18日 一般社団法人 日本出版者協議会 会長 水野 久 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104 私たち一般社団法人日本出版者協議会は、差別的取引の是正と公正な取引、出版・表現の自由を確保する

アマゾンジャパン合同会社書籍事業本部より、具体的な改善方法が提示されました。

昨年2020年10月、アマゾンと直接取引している出版協会員社から、「返品の質が悪く、量も過剰である」という報告があり、出版協はアマゾンに対して抗議しました。 https://www.shuppankyo.or.jp/post/oshirase20201015  その後、アマゾンからは「改善をする」という内容の文書が届きましたが、具体的にどのような措置を行うのかをさらに問うていました。 https

取次物流協力金を巡る出版協の対応報告

昨年11月から本年3月にかけて、トーハンおよび日販から当会会員社に対し「物流協力金」の要請が行われている。 近年の物流費の高騰を受けて、書店への書籍の送品に対して、出版社に一定額の負担を求めるもので、トーハンの説明では、取引のある全出版社に対して一律に要請を行うとしている。 しかし、中小出版社の多くは、正味や歩戻し、支払保留など、既に厳しい取引条件を課せられている。 出版協は、取引条件の公正化を伴