【8月18日開催】出版協プレゼンツ「経営困ったこと会議」パート2(オンライン)参加者募集

各社の経営改善施策を共有しませんか?


ウクライナ戦争の長期化の様相で、世界的な消費物資の逼迫、物価高が進行して おり、


紙代、印刷費、製本代の高騰が続いています。


また7月に入り、コロナの第7波が突然立ち上がり、急激なまん延の様相を呈し ています。


本という商品の購買行動にどんな影響は現れるのでしょうか。


みなさんはどう対処していますか?




前回は、出版協より仕入れ価格の高騰に対し、既刊書籍を値上げする方法など、


いくつか対処方法を紹介しました。


今回は、みなさんが実際に行っている経営施策を事前に収集し、


それらを紹介し、各社が実際にどのような対処をしているか、


知見を共有する場にしたいと思います。




たとえば、


①営業利益率の確保のために必要なこと


②考えられる対応


 新刊部数/価格設定


 重版価格改定/部数の設定


 などについて


③書店・取次、読者、業界動向について


④インボイス導入で避けられない、外注者への対応


⑤その他、参加社の困りごと、お知恵拝借


⑥実践報告:経営・業態のマルチ化 不動産取得・貸間業との親和性


 このほか、経営や営業で困ったことがあれば「経営困った会議」で情報交換し ませんか?


こんなことをしているという経営アイデアもお聞かせください。


ご参加お待ちしております!




■「経営困ったこと会議」パート2(オンライン)


日時:2022年8月18日(木)16:00~18:00


場所:Zoom会議


主催:出版協営業委員会


対象:出版社の方のみとさせていただきます。


   出版協会員社でなくともご参加いただけます。


参加費:無料




出版協からの参加理事:


  上野良治理事(合同出版代表)


  河野和憲理事(彩流社社長)


  三芳寛要理事(パイ インターナショナル社長)


  ほか




参加方法:以下、Googleフォームに必要事項をご入力ください。


     のちほどZoomURLをお送りします。


     https://forms.gle/9ypLf8EoUdtWUSc98


閲覧数:116回

最新記事

すべて表示

※2021年7月13日、文化庁に要望書を提出いたしました。 文化庁長官 都倉俊一殿 「著作権法の一部を改正する法律」(法律第52号)施行にあたって、文化庁の関与の下で幅広い関係者によるガイドライン作成に関する協議会への参加に対する要望 2021年7月13日 一般社団法人 日本出版者協議会 会長 水野 久 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B TEL:03-6279-7103/FAX:03

2021年7月15日 一般社団法人 日本出版者協議会 1. アンケート調査実施の目的とその項目 一般社団法人日本出版者協議会(出版協)では、会員内に今回の著作権法改正についてさまざまな意見があるので、会員の考え方を知り、今後の方針策定に役立てるために、「著作権法改正に関するアンケート調査」(アンケート調査表は、別途添付)を2021年5月25日から31日まで、全会員(74社、賛助会員17名)に対し