「著作権法の一部を改正する法律」(法律第52号)施行にあたって、文化庁の関与の下で幅広い関係者によるガイドライン作成に関する協議会への参加に対する要望

※2021年7月13日、文化庁に要望書を提出いたしました。



文化庁長官 都倉俊一殿


「著作権法の一部を改正する法律」(法律第52号)施行にあたって、文化庁の関与の下で幅広い関係者によるガイドライン作成に関する協議会への参加に対する要望


2021年7月13日

一般社団法人 日本出版者協議会

会長 水野 久

東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B

TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104


 私たち日本出版者協議会(以下、出版協)は、出版の自由を擁護し、出版者の権利を確立し、出版物の再販制度を守ること、出版物の公平・公正な流通を確保し、もって出版事業の発展を図り、文化の向上と社会の発展に寄与することを目的として設立された出版業界団体です。出版社74社の会員を擁し、人文・芸術等の専門書を発行する中小零細出版社が会員の大部分を占めています。これまでも、出版に関するさまざまな課題に対して活動してきています。



 今回の第204回国会における著作権法改正にあたって、出版協はその議論の場に直接加わることが叶いませんでした。


 出版業界には複数の団体が存在し、経営規模、出版規模、取次など流通との関係で、大手出版社と中小零細出版社では抱えている諸問題も微妙に異なります。出版協は、改正著作権法施行にあたって、中小零細出版社の考え方を関係機関に直接届けることは、出版文化の多様性を守る観点からも、非常に重要であると考えます。


 今回の改正著作権法では、具体的な解釈・運用の多くの点がガイドラインに委ねられています。私たちは、その策定内容によっては、大きな影響を受けることになります。


 つきましては、文化庁の関与の下で幅広い関係者により策定されるガイドラインに関する協議会の一員として議論に加えていただくことを強く要望いたします。


以上

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

「著作権法改正に関するアンケート調査」の結果報告

2021年7月15日 一般社団法人 日本出版者協議会 1. アンケート調査実施の目的とその項目 一般社団法人日本出版者協議会(出版協)では、会員内に今回の著作権法改正についてさまざまな意見があるので、会員の考え方を知り、今後の方針策定に役立てるために、「著作権法改正に関するアンケート調査」(アンケート調査表は、別途添付)を2021年5月25日から31日まで、全会員(74社、賛助会員17名)に対し

「『著作権法の一部を改正する法律案』の審議にあたっての要望書」を、衆議院文部科学委員会と参議院文教科学委員会に提出いたしました。

衆議院文部科学委員会委員 殿 参議院文教科学委員会委員 殿 「著作権法の一部を改正する法律案」の審議にあたっての要望 2021年5月18日 一般社団法人 日本出版者協議会 会長 水野 久 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104 私たち一般社団法人日本出版者協議会は、差別的取引の是正と公正な取引、出版・表現の自由を確保する

アマゾンジャパン合同会社書籍事業本部より、具体的な改善方法が提示されました。

昨年2020年10月、アマゾンと直接取引している出版協会員社から、「返品の質が悪く、量も過剰である」という報告があり、出版協はアマゾンに対して抗議しました。 https://www.shuppankyo.or.jp/post/oshirase20201015  その後、アマゾンからは「改善をする」という内容の文書が届きましたが、具体的にどのような措置を行うのかをさらに問うていました。 https