取次物流協力金を巡る出版協の対応報告

 昨年11月から本年3月にかけて、トーハンおよび日販から当会会員社に対し「物流協力金」の要請が行われている。


 近年の物流費の高騰を受けて、書店への書籍の送品に対して、出版社に一定額の負担を求めるもので、トーハンの説明では、取引のある全出版社に対して一律に要請を行うとしている。


 しかし、中小出版社の多くは、正味や歩戻し、支払保留など、既に厳しい取引条件を課せられている。


 出版協は、取引条件の公正化を伴わない「一律要請」は、格差をさらに拡大するものであり反対する旨の見解をトーハン・日販両社に通知した。


 また、会員社に対しては、取次各社から要請を受けた場合は、一方的な条件改悪を受け入れないよう注意を喚起している。



出版協取引委員会


286回の閲覧

最新記事

すべて表示

外税表示へのご理解とご協力のお願い

2021年2月22日 書店のみなさまへ 日頃より日本出版者協議会(以下、出版協)会員社の書籍をお取り扱いいただき、誠にありがとうございます。 出版協では、前身の出版流通対策協議会(流対協)の時分より、消費税総額表示に反対の声をあげてまいりました。現行の外税表示方式が広く浸透し、書店での混乱や読者からのクレームもほとんどない状態できているのにもかかわらず、本年4月1日より総額表示の義務化が復活しよう

アマゾンジャパン合同会社より、当会から送付した「返品状態の悪さと量の多さに対する抗議・要望書」に対し、回答が届きました。

アマゾンジャパン合同会社書籍事業本部より、当会から送付した「返品状態の悪さと量の多さに対する抗議・要望書」に対し、回答が届きました。 回答には、 「この度は貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。 今回ご指摘いただきましたことを真摯に受け止め、弊社にて適切な方法にて返品させていただくよう、改めて対処してまいります。また、今後も、継続して業務の改善に努めてまいります。」 と書かれてありましたが

一般社団法人 日本出版者協議会

旧:出版流通対策協議会(流対協)

〒113-0033 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B

TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-7104

www.shuppankyo.or.jp

e-mail:s h u p p a n k y o @ n e o . n i f t y . j p 

電話:水曜日 10:00~16:30 FAX・メール:随時対応します)

© 2018 一般社団法人 日本出版者協議会