アマゾンジャパン合同会社書籍事業本部より、具体的な改善方法が提示されました。


 昨年2020年10月、アマゾンと直接取引している出版協会員社から、「返品の質が悪く、量も過剰である」という報告があり、出版協はアマゾンに対して抗議しました。 https://www.shuppankyo.or.jp/post/oshirase20201015  その後、アマゾンからは「改善をする」という内容の文書が届きましたが、具体的にどのような措置を行うのかをさらに問うていました。 https://www.shuppankyo.or.jp/post/oshirase20201218  そしてアマゾンより、3月24日付で具体的な改善内容が書かれた文書が出版協に届きました。提示された改善内容は、以下の通りです。


・適切なサイズの梱包資材の使用、縦置きの禁止、緩衝材で隙間を埋めることを徹底するようガイドラインの再整備と各配送拠点への通達


・物流拠点(フルフィルメントセンター)のスタッフのトレーニング


今後、出版協会員社におきましては、これらの措置が徹底されていない場合、事務局までご報告ください。



出版協取引委員会


53回の閲覧

最新記事

すべて表示

取次物流協力金を巡る出版協の対応報告

昨年11月から本年3月にかけて、トーハンおよび日販から当会会員社に対し「物流協力金」の要請が行われている。 近年の物流費の高騰を受けて、書店への書籍の送品に対して、出版社に一定額の負担を求めるもので、トーハンの説明では、取引のある全出版社に対して一律に要請を行うとしている。 しかし、中小出版社の多くは、正味や歩戻し、支払保留など、既に厳しい取引条件を課せられている。 出版協は、取引条件の公正化を伴

外税表示へのご理解とご協力のお願い

2021年2月22日 書店のみなさまへ 日頃より日本出版者協議会(以下、出版協)会員社の書籍をお取り扱いいただき、誠にありがとうございます。 出版協では、前身の出版流通対策協議会(流対協)の時分より、消費税総額表示に反対の声をあげてまいりました。現行の外税表示方式が広く浸透し、書店での混乱や読者からのクレームもほとんどない状態できているのにもかかわらず、本年4月1日より総額表示の義務化が復活しよう