休館しない図書館を(ほんのひとこと)

今回のコロナ禍により、図書館の休館・利用停止が相次いだ。図書館職員や利用者の安全のためには、止むを得ない措置であるとはいえ、休館・利用停止が長引くなか、学生・研究者をはじめとする幅広い利用者、そして出版活動においても執筆や校正・校閲にあたって支障が生ずる状態が生まれた。特に...

【声明】図書館における新型コロナウイルス感染症対策のための「来館者名簿」作成に反対する

日本出版者協議会は、定款において、「出版の自由を擁護し、……もって出版事業の発展を図り、文化の向上と社会の発展に寄与することを目的」と定め、図書館の利用者の権利についても注視してきている。 最近、図書館において、新型コロナウイルス感染症拡大の防止対策のため、「来館者名簿」の...

7月に出る本(新刊選 通巻317号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_66021739f4a647e189...

私的コロナ禍記(ほんのひとこと)

最近よくあやふやになる記憶をたどると、年明けに、年末年始の出版物の売上が「鬼滅の刃」のおかげで一息つけそうだという知らせがあったころ、世界的な大流行となりそうな新型コロナウイルスによる肺炎が各所で発生。もちろん日本政府も東京都もオリンピックを開催する気満々のコメントを垂れ流...

6月に出る本(新刊選 通巻316号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_30da78bcf4a4402fa5...

ICTを活用した資料へのアクセス環境整備に関する要望書

※国立国会図書館に、5月29日付で要望書を提出しましたことをご報告いたします。 2020年5月29日 国立国会図書館長 吉永元信 殿 一般社団法人日本出版者協議会 東京都文京区本郷3-31-1 盛和ビル40B TEL:03-6279-7103/FAX:03-6279-710...

書店さん、オンラインで商談してみませんか?(ほんのひとこと)

新型コロナの影響で、多くの出版社は書店への訪問営業を自粛しています。5月末現在、緊急事態宣言が解除されたものの、当社はいまだ自粛中です。厳しい状況の中で、本の流通に携わっているみなさん、書店で働くみなさんも、日々、難しい判断を続けながら営業されていることと思います。本を人々...

5月に出る本(新刊選 通巻315号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_119c9093c09b481e8c...

本の周辺――新型コロナウイルス禍その2(ほんのひとこと)

2011年6月、「群像」誌上の川上弘美「神様2011」に大きな衝撃を受けました。デビュー作「神様」で描かれた長閑な世界は、原発事故により、表面上は長閑なままに根本的な変容を迫られます。今回の新型コロナ禍に際し、人の考え方、生き方、ひいては世の中全体が根底から変わることを予感...

【声明】ICTを活用した資料へのアクセス環境整備に関する声明

現在、新型コロナウイルス感染症予防対策のため、国立国会図書館を含む多くの図書館が利用困難な状況にあります。 利用停止については、図書館職員・利用者の安全のためには、止むを得ない措置であることと認識しています。 しかし同時に、学生・研究者をはじめとした利用者が、長期的に資料に...

2020年度新役員体制

2020年度新役員体制について決定しましたので、お知らせいたします。 会 長:水野 久(晩成書房) 副会長:河野和憲(彩流社) 成澤壽信(現代人文社) 三芳寛要(パイインターナショナル) 理 事:石田俊二(三元社)・上野良治(合同出版)・髙野政司(解放出版社)...

4月に出る本(新刊選 通巻314号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_d03991dd0d5d4123bf...

新型コロナウイルス禍(ほんのひとこと)

日本に在住・滞在するみなさんが、無事過ごされることをお祈り致します。加えて、出版協会員各社のみなさん、高齢の方もおられますので、くれぐれも万全の対策をおとり下さい。 東京オリンピックの延期も3月24日に発表されました。1年以内に開催という話ではあるようですが、詳細は不明です...

【セミナー延期のお知らせ】 2020年第3回講座 出版協プレゼンツ・研修セミナー(2月予定)のご案内

下記セミナーにつきまして、4月7日(火)の開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染が懸念されている現在の状況を鑑み、延期いたします。 延期後の日程については、詳細が決まり次第、当ウェブサイトでご案内いたします。...

3月に出る本(新刊選 通巻313号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_52218d8305a04f7b9d...

「シュルレアリスム」雑感、あるいは「編集者」の死(ほんのひとこと)

毎週拝読している「図書新聞」(2020年2月15日号)の最終面の記事「ジャック・ヴァシェ著『戦時の手紙』は〈創作〉翻訳で済まされるのか?」を読んで驚いた。もちろん「書評」ではあるのだが、翻訳書の出版に対する猛烈なる「抗議」文であったからだ。そしてまた、この記事の執筆者が、か...

2月に出る本(新刊選 通巻312号)

出版協の会員社から出版される新刊情報です。以下のURLからPDFをダウンロードしてご覧になれます。 https://f94974f2-9f65-4f3d-b1b9-c6d03b6ada4d.filesusr.com/ugd/3bd40b_73b011f478c24956a6...

人権条例(ほんのひとこと)

現在各地で人権問題に対する条例が制定されており、また改定がおこなわれている。都道府県単位や市町村レベルのものもある。人権の対象が全般的であったり、個別であったりもする。最近の例であれば、前者についてはソーシャル・インクルージョンの理念の下制定をした「国立市人権を尊重し多様性...